記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Giga Tube(YouTube+情報商材)

未経験者でもユーチューバーになれる?

http://admall.jp/af.php?shn=10000183&aff=10013827

YouTuber(ユーチューバー)が一般的に認知されてきました。



テレビや新聞・雑誌などのメディアでも頻繁に取り上げられていますし、

YouTubeは、完全に市民権を得た印象ですね。





そんな中、YouTubeでどんな動画に人気があるかと言えば、

ヒカキンやマックス村井などの有名YouTuberの動画と、

テレビ番組を編集したような動画でしょうか。



オリジナル動画のYouTuberは問題ないとして、

テレビ番組をアップしているようなものというのは、

当然無許可のものが多いでしょうし、

「こんな動画をアップして、叱られないのか?」

と感じたことが一度はあると思います。



この混沌とした感じも、YouTubeの人気の秘訣かもしれませんね



突然ですが、

「クリエイター」と「オペレーター」の違いは分かりますか?



クリエイターは物を一から創り出す人達。

オペレーターは決められたものを正確に量産する人達。

そんな整理でいいかと思います。



テレビに出てくる芸能人、芸術家やミュージシャン。

これらの人はクリエイターです。

見る人を笑わせたり、驚かせたり、感動させたりと、

感情を揺さぶることができる人種ですね。

ヒカキンもその部類。誰でもなれるものではありません。



でも、努力しだいでなれるのはオペレーター。

圧倒的多数の裏方さんですね。



ウェブ制作の世界も同じようなもので、

デザイナーや一部のプログラマーはクリエイターの部類ですが、

それらを量産していく人たちはオペレーターなんです。



クリエイターとオペレーター、どちらも大事なんですけど、

クリエイターのマネをオペレーター気質の人がやると

必ず失敗するわけです。



じゃあ、クリエイターではない大多数の人は、

YouTubeに動画をアップしてはいけないのか、

YouTubeで稼ぐことは許されないのか?



答えは「No」

クリエイターでなくても、YouTubeで稼ぐことができます。

クリエイターが作った作品を、利用すればいいんです。



ただし、どこまでなら許されるのかを理解していなければ、

一時的に稼ぐことができても、継続的に稼ぐことはできません。



この教材には、他人が作ったコンテンツを活用しながら、

YouTubeで継続的に稼ぐためのノウハウが詰まっています。


一般的なYouTubeアフィリエイトとは?

ユーチューブを使ったアフィリエイトが相当流行っていますね。

まあこれだけ一般化すれば、無理もないことなんですが、

ここ最近発売された教材だけでも、相当な数になります。



だいたいの教材が、

簡単な動画をある程度の量作成して、アドセンスで稼ぐ

というものです。

動画の内容については、自分で撮影するものが中心です。

キーワードが検索される数によって、動画の再生数が決まって、

そのまま報酬につながる、というノウハウが多いですね。



ただ、皆さんお気づきだと思いますが、そういう動画は、

面白いか面白くないかといえば、正直面白くないです。

所詮素人が作ったものですから、無理もない話です。


YouTubeにアップされている動画の権利関係は?

アフィリエイトとか抜きにしてYouTubeを見ていると、

テレビ番組や映画などがほとんどそのままアップされていて、

当然ですが面白いわけです。

そういう動画は、閲覧数も桁が違いますよね。

でも普通に考えて、

著作権とか肖像権とか、権利関係はどうなんだ?

という話になります。



もちろんYouTube=Googleにも法を守る義務があって、

権利者の申し立てで、動画は削除する仕組みがあります。

また、YouTubeが独自に設定した基準もあります。



ただ、ドラマやアニメがYouTubeで全話通しで見れたりしますよね。

これはなんなんでしょう?

理由は大きく2つ


削除申請の手が回らない
宣伝効果を考えて黙認


なんです。



決して、権利者が権利侵害を認めているわけではないです。



ただ、それは元動画を丸ごとアップロードしているようなケースは、

動画の制作者によって削除申請がされる可能性がありますが、

そもそも、著作権という権利を主張できない

という条件も結構あるわけです。


他人のコンテンツで報酬を上げる事は許されるのか?

今回のエビルユーチューバーは、一言で言えば

他人の映像コンテンツを使ってアフィリエイトをする方法

です。

それだけを聞けば、真っ黒なノウハウに感じますが、

現状もほぼ無法地帯のYouTubeの中にあって、



法律上の要件を抑えつつ、

YouTubeの削除基準などを押さえて、

安全な状態で進められますよ、

というノウハウといえば分かりやすいでしょうか。



動画・画像に多少の加工を加えることで、

クリエイターではなくても、映像から報酬を得られる

というものです。



撮影することがないので、当然ながらスキルも不要。

検索スキルと編集スキル(これも簡単)を身につけて、

後はどんどん動画を作成してアップするだけです。



正直、誰にでもできるものだと感じました。


おすすめすべきノウハウなのか?

この記事を最初に書いた際は、そうは言っても危険だろうと思って、

否定的なレビューを書きました。



他のアフィリエイターが絶賛しているので、

エビルユーチューバーというのはどんなものか、

実際に手に入れて確認してみましたが、

世間一般の感覚では、かなり黒に近いグレー

だろうというのが、当初の私の考えでした。



ウェブの世界は権利関係がゆるいとよく言われますが、

あながちそういうわけでもありません。



画像素材のAmana(アマナ)などは、画像が不正に使われていると、

弁護士を通じてサイトの所有者にコンタクトを取ってきます。

そして、結構高額の違約金を請求してきたりします。



ただ、素材販売サイトのデータを無断に使用するのと、

アップロードされている動画を流用するのとは、

根本的に異なるということを、

私の友達の法律家(司法試験崩れ)

に教えてもらいました。



また、エビルユーチューバーのマニュアルの内容を確認したところ、


法律的に間違ったことは書いていない
Googleの恣意的なルールは、法律が関知するものではない


という回答が得られました。



私も、アドセンスアカウントの停止という、痛い目にあったことがあるので、

Googleの企業体質は十分に理解しているつもりです。

いろいろ考えて工夫しても、だめなときはだめというオレ様企業です。



そのGoogleのルールの隙間をくぐれるなら、

このエビルユーチューバーはありだと判断しました。



正直、これまでに登場したYouTubeアフィリエイトの教材や

高額なセミナー・塾の内容はすべて網羅されています。

販売者の尾上さんは、文面を見ると紳士的な方ですが、

「本気で他の教材を潰しにきているんじゃないか?」

と思わせる、充実の内容です。



ということで、

エビルユーチューバーを実践しています。

http://admall.jp/af.php?shn=10000183&aff=10013827

エビルユーチューバーで何を得られるのか

エビルユーチューバーも他の教材と同様に、

アドセンスでの収入を中心にしているノウハウです。

当然、それが一番手軽で稼ぎやすいということなんですが、

次のステップは、

動画から自分の媒体(ブログやメルマガ)への誘導

です。



正直、私は商品を紹介する手前もあって、

アドセンス狙いの動画作成をやっていますが、

第2の検索エンジンと呼ばれるYouTubeの集客力を

レバレッジをきかせて活用するなら、

アクセスを流す

という方向に考えていったほうが、より収益に結びつきます。



そのあたりの方法についても、追加でレポート作成予定です。

購入済みの方には、別途メールで連絡するので、

特典請求フォームから連絡をくださいね。



※追記です

上記の「アクセスを流す」と関連して、

YouTubeを使った情報商材アフィリエイトノウハウとして、

エビルユーチューバーと同じ尾上雄二氏が、

「Giga Tube(ギガチューブ)」という教材をリリースしました。

gigatube

エビルユーチューバーとセットだと安くなるので、

情報商材アフィリエイトまで視野に入れている方は、

検討してみてください。

http://admall.jp/af.php?shn=10000183&aff=10013827
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

道夫

Author:道夫
管理人の小西あつしと申します。現在、YouTubeを利用してアドセンス、その他アフィリエイトで50万~100万円程の収入を稼ぎながら、勉強中です。

最新コメント

月別アーカイブ

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

StyleKeeper

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。